門真市で豆腐、揚げ出し豆腐をお求めの方は、豆職人のお豆腐屋さん。丸二食品へお任せください!

豆腐に含まれる栄養

豆腐ダイエット、豆乳で美白!なんてキャッチコピーや言葉をお聞きになられた事はございませんか?
そうです。豆腐には、すごいパワーが秘められているのです!

豆腐の原材料は、"畑の肉"大豆

豆腐の原材料は、皆様もご存じのとおり、「大豆」です。
豆腐=大豆といっても過言ではありません。

大豆には多くの栄養が含まれ、豆腐だけで無く、豆乳、油など、健康食品として幅広く使用されています。
「畑の肉」という言葉が用いられるほど、良質なタンパク質が多く含まれ、その他、レシチン、サポニン、イソフラボンなど、大豆特有の栄養素も含まれています。

女性に喜ばれるイソフラボン

大豆に含まれる栄養素の中で特に注目されているのが、イソフラボンです。
聞いた事はあるけど、どんな働きがあるかはあまり知られていません。(私も知りませんでした^^;)

イソフラボンの働き
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする栄養素であることが厚生労働省の研究によって確認されています。
この結果から、女性特有の乳がんを抑える効果がみられ、又、男性には、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを取る働きがあるようです。
骨粗鬆症は、閉経後の女性に多い病気ですが、閉経後に起こりやすくなるのは、女性ホルモンのエストロゲンの不足によります。その他、女性ホルモンが不足すると、骨からカルシウム要素がどんどん流れ出てしまいます。これを防ぐのが、イソフラボンです。
日本人は、味噌汁を毎日のように飲みます。味噌汁の中に豆腐が入っているのはごく普通ですよね?
毎日エストロゲンを摂取する。と考えると、日本人の長寿もうなずけます。

その他高い栄養素が含まれる大豆

成分名 栄養素の働き 期待できる効果
大豆レシチン コレステロールを下げる働き 動脈硬化や心筋梗塞を予防
大豆サポニン 余分な脂肪や糖分を体の外へ出す働き ダイエット効果、肌の老化防止
大豆コリン 神経伝達に必要とされるアセチル
コリンを生成する働き
学習能力の向上、ボケ防止